知っておくべき通夜・告別式のマナー

弔電について

よく、葬儀の場で司会者から「○○様から弔電を頂戴しております」などとして、その内容を読み上げられるシーンがありますが、「弔電」とは、故人の友人や知人が、遠方であること、あるいは体調上の理由などから葬儀や告別式に駆けつけることが物理的に不可能であるといったケースに、「電報によって弔意を表明すること」です。

 

弔電を利用する際に注意が必要なことは、19時までに手配をしないと、当日に電報を届けてもらえないということです。弔電に必要な費用は、文字数によって異なります。また、電報と一緒にお花を届けてもらえるサービスもありますので、弔電の場合は利用されるケースが多いです。

 

弔電は、普通は葬儀の喪主に宛てて送りますが、宛先となると、斎場のほうになるのが普通です。ただ、喪主が不明の場合もありますので、その場合には、「故○○様ご遺族様」とするのが通例となっています。

 

 

文字数の相場に関しては、だいたい30文字750円程度ですが、10字程度ごとに料金が加算されます。ただし、NTT東日本と西日本では多少料金が異なるようです。

 

また、弔電の文言に関しては、申し込みの際にあらかじめ用意されているものをそのまま用いることも可能ですが、オリジナルの文言を考えて送ってもかまいません。ただ、すべてオリジナルだと、忌み言葉が含まれてしまう危険性がありますので、用意されている文例を参考にしてオリジナルの文言を作るのがよいのではないでしょうか。

 

弔電をNTTで申し込む場合は、「115番」で手配することができます。

忌み言葉

では、ここではいよいよ「忌み言葉」について少しお話していきたいと思っていますが・・・お気づきでしょうか?もう私はここですでに「忌み言葉」を使用しているのです。もちろんこの場でこれを使うのは何も問題ありませんが、お通夜や葬儀、ありは告別式などで、このことばを使ってしまっては、マナー違反ということになるのですが・・・どのことばだと思いますか?

 

実は、「いよいよ」ということばは代表的な「忌み言葉」なのです。これは、「故人の死を前もってイメージしていた」という連想に発展することばとして、葬儀の場では忌み嫌われます。もちろん「いよいよ」のほかにたくさんありますので、ここでは次々と(はい、この「次々と」も「忌み言葉」です)列挙していきたいと思います。

 

浮かばれぬ、追って、返す返すも、かさねがさね、再三、再四、再三再四、再度、重々、たびたび、続く(続いて)、なお、再び、ますます、またまた、迷う(迷い)

 

 

思いつくままに自書式配列で列挙してみましたが、これらはすべて代表的な忌み言葉です。
ただし、これはすべて仏教様式の葬儀において考えられている忌み言葉ですが、これがキリスト教様式になると、またちょっと違う忌み言葉になります。

 

キリスト教様式では、たとえば、 成仏(これは「仏になる」という仏教用語のため)、供養、冥福、往生 という具合に、どれも仏教用語がキリスト教ではすべて忌み言葉になりますので、注意が必要です。もちろん、これらのことばは仏教様式の葬儀では忌み言葉にあたりません。

おすすめリンク

残業代請求や債務相談は弁護士に!
http://www.hcgdietclub.com/

 

残業代請求や債務整理についてまとめてあるサイトです。
借金問題を解決する方法は、大きく分けて4つ、自己破産、個人再生、特定調停、任意整理に分類されるそうです。
詳細を細かく分類してあるので、興味がある方は是非のぞいてみてください。

 

TOEICなんてこわくない!完全攻略法
http://www.librissimo.com/

 

TOEICを受ける前に必ずチェックしたほうがいいサイトです。
基礎知識から、ライティングの強化方法まで詳しく書いてあります。

 

まつげエクステを銀座でやろう!
http://www.braincandykids.com/

 

まつげエクステの技術、種類についてまとめてあるサイトです。
銀座のお勧めサロンも載っていますので、興味がある方はのぞいてみてはいかがですか?